着物が似合うからだづくりの方法

明日に結婚式をむかえるOさんの、式前ラストの施術と指導を終えました。

ここ3か月くらい、結婚式に向けたボディメイクを集中的におこなってきました。

結婚式前日は、しあげです。

Oさんのお身体はストレスの影響をかなり受けやすいため、無理なダイエットは逆効果。

そもそも、結婚式へのプレッシャーが半端なかったようです。

彼女がもともともっている癒し系の雰囲気を大事にしながら、Oさんらしいかわいらしさが出るようにサポートさせていただきました。

今まで、たくさんの方のブライダルボディメイクをサポートさせていただいてきましたが、

結婚式をむかえる方にかぎり、さいごの施術はサロンからプレゼントさせていただいています。

Oさんは明日、結婚式を終えるとすぐに新婚旅行。

その後はちょっと遠くに引っ越してしまうため、トータル5年くらいサポートさせていただいた僕としては、結婚が決まってうれしい反面、少しさみしい気持ちです。

ご実家がサロンから比較的近くにあるため、またサロンに来ますねーと言ってくださっています。

お身体の方は、まだまだ変われる可能性はたくさんありますが、なかなかの仕上がりだと思います。

全体的に骨格が小さくなり、すっきりしました。

最近、痩せたといわれることが増えたそうです。よかった。

お顔もすっきりして、姿勢、とくに肩甲骨や上腕の位置がだいぶよくなり、全体的にひきしまってみえるようになりました!

今日、着物姿の写真をみせていただいたのですが、とても鮮やかで華やかな着物にけっして本人が負けることなく、すごく似合っていました。

まるで別人のようでした。

結婚式では、ウエディングドレスと着物を着るそうです。

そんなOさんのことは、以前少し書きました。

女性ならだれもがあこがれる、ウエディングドレス。 僕が健康をサポートする整体師から、ダイエット整体師にシフトしたのも、 ...

当サロンに来院当初は、健康状態があまりよくなく、時々パニック発作をおこしていました。

体調をくずすことがとても多く、健康サポートがメインの方が多かった気がします。

Oさんの人生は仕事が占める割合がとても高く、仕事中心の生活で、お身体のコンディションもあまりよくなかったのか、サロンに通われながらもずっと、

「結婚する気持ちになれません」

と言われていました。

ところが。

あるときから「結婚したいと思うようになってきました・・・」と言うように。

女性は健康状態、とくにホルモンの状態がよくないと、結婚する気持ちになれないことが多いようです。

もちろん、体調以外の心境面の変化もあったのでしょう。

「結婚したい」と言い始めてからは、ほんとうに早かった。

あっという間に素敵なお相手をみつけ、結婚が決まりました。

前回は、ウエディングドレスが似合う身体について書きました。

今回は、着物が似合う身体づくりについてお話します。

着物が似合うためのカラダづくりは、じつはとてもシンプル。

着物を素敵に着るためにいちばん大事なのは・・・

なによりも、首!

首がすっきりと細く長くみえると、全体として美しくみえます。

逆に、首が詰まってしまっていると・・・美しくありません。

もちろん、骨格も大事。

骨格が大きく広がっていると・・・

「とにかく大きい」

という印象に。

身体全体に「小さい感」が出ていて、余裕をもって着物を着ている。

着物を美しく着こなすためには、そんな身体づくりが必要です。

着物の場合、身体が細すぎても、あまり美しくないと思います。

痩せすぎて悩んでいる方も、じつはけっこういます。

そういう人が太るのは、痩せるより大変なのです。

着物が似合う身体づくりは、ウエディングドレスと共通する面も多いですが、ウエディングドレスとの最大の違いは、

「二の腕がみえない」

ということ。

ウエディングドレスは、二の腕がバッチリめだってしまいます。

そういう意味では、着物の似合う身体づくりの方がラク、といえるでしょう。

今の時代、結婚しているけれど結婚式はしなかった、という方も多いと思います。

ウエディングドレスを着たことがない方もいらっしゃるでしょう。

そのような方はぜひ、ウエディングドレスを着る機会をつくってください。

当サロンに通われているTさんは、60代になって再婚されましが、ウエディングドレスやお着物姿がとても似合っていました。

60代なかばになる今も、サロンに毎週欠かさずボディメイクに通ってくださっています。

美は、年齢関係ありません。

Oさんにも、

「結婚式は通過点。綺麗なからだづくりは、これからが本番!」

というお話をしました。

結婚式は、身体を劇的に変える人生最高のチャンス。

これからご結婚される方は、シンプルでもぜひ結婚式をされてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする