ボディメイクダイエットで美しく痩せる!

今までいろいろなダイエットにとりくんできた方ほど、ダイエットの情報にはとても詳しいです。

ダイエット指導をしている僕よりずっと最新情報を知っていて、僕に教えてくれたりもします。

皆さんから、ダイエット番組の話を教えてもらうたびに、

「ダイエットの世界はあいかわらず、変わらないな・・」

と、いつも実感します。

次々とあたらしい方法、ダイエットメソッドが出てきては消えていく。

テレビなどで紹介されると、関連したダイエット本やダイエットグッズ、食べると痩せる(らしい)食品が売れまくり、商品棚からあっという間になくなり、

やがて忘れられていく・・・

痩せられなくて悩む人は減るどころか、ますます増えていく。

ダイエットの世界は、ずっと、こんなくりかえしです。

痩せたいと願う人たちが「あたらしく、もっと短期間で、もっとラクに、魔法のように痩せられる方法」

をもとめるニーズにこたえているのが、今までのダイエットの世界。

たしかに、もっと新しいもっといい情報を手に入れたいという欲求や、

「今回は痩せられるかも!」という期待感は得られるかもしれません。

・・・

僕がサロンやこのサイトでみなさんに提案しているのは、

もうそろそろ

「新しいダイエットの方法を追い求めつづけて、長期的にはほとんどなにも変わらないか、むしろ太っていく」パターンから脱出しませんか?

ということなのです。

僕は昨年、あるきっかけから「ボディメイク(ボディメイクダイエット)」という方法に出会いました。

ミスユニバースのファイナリストなどにも導入されているすぐれた方法なのですが、

今までダイエットをくりかえしてきた女性にとっては、多くの場合、僕が学んだボディメイクをそのままは使えないことがわかってきました。

その理由は、

・ボディメイクで美しい身体をつくるための基礎ができていない

・今までのストレスが多いダイエットからなかなか脱出できない

・日常生活のさまざまなストレスから、そもそもプログラムが続けられない

・・・他にもあります。

そこで僕がアレンジを加えつづけているのが、今のボディメイクプログラムです。

ではそろそろ、ボディメイクとダイエットの明確な違いについてお話します。

ダイエットでは、たいてい、体重の変化が最優先となります。

体重の変化を最優先するダイエットのリバウンド率が90%以上になることは、皆さんご存じと思います。

このことを知らないと、人生で延々とダイエットをくりかえすことになります。

一方、ボディメイクでは、体重は測ってもOKですが、あくまで最優先はみためとコンディション。

すごく痩せていても、決して美しくない人はたくさんいます。

みためは細くても、いつも体調が悪かったら?

疲れやすくて、元気がなかったら?

ダイエットしている女性は、「痩せさえすればもっときれいになれる」と思い込んでいます。

それははっきりいって、ちがいます。

ある程度脂肪があってぽっちゃりしていても、とても美しくなれます。

単に痩せて細くなるのではなく、その人らしい「美」を実現していくことが、ボディメイク。

無理して痩せようとがんばりすぎていると、そういうオーラが出てしまい、その人本来の魅力が消えてしまいます。

本気でとりくむことは大事ですし、すばらしいこと。

でも、あまりに必死感があると、そういう余裕のない雰囲気が出てしまいます。

そういう雰囲気を、男性はちょっと怖く感じてしまうのです。

せっかくキレイになるのだから、楽しみませんか?

身体が変わっていく過程をもっと楽しくできないだろうか?

それが、僕が考える、ボディメイクの軸です。

もちろん、努力は必要。前向きにとりくむからこそ、楽しいのです。

みためを美しくするには、徹底的に骨格を変えていきます。

骨格は変わらない、と思い込んでいる女性が多いですが、骨格はかなり変わります。

見違えるほど。

骨格が変わると、瞬時にサイズダウンします。

体脂肪や体重がたいして減らなくても、無理して食事を減らさなくてもサイズダウンします。

それが、骨格を変えるボディメイクの威力であり、楽しさなのです。

ただ、「ボディメイク」だけでは、まだまだ伝わりにくいと思います。

そこで今は「ボディメイクダイエット」と表現しておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする