食べる量を減らしても痩せない理由

先日、50代にして某ダイエット会社主催のコンテストに参加されたMさんが、一緒に出場した仲間の食生活をみてきて感じたこと。

それは・・・

「食事量を減らしている人ほど痩せにくく、しっかり食べてる人ほど痩せている」。

という事実だったそうです。

じつはMさん、以前は痩せるのにかなり苦労されていました。

当時からみると、今は22キロ痩せ、サイズも体脂肪も劇的に減り、健康状態も改善。

では、当時と今は何が違うのでしょうか?

いちばんの違いは、食生活。

以前はコンビニや外食が多かったのですが、今は自然の素材をいかした、とても健康的な食生活になっています。

今は、夕食を「おなかいっぱいで食べきれなくて残す」こともあるほどしっかり食べています。

僕は、Mさんが今より20キロ以上太っていたころからずっと、定期的に整体でお身体をみさせていただいてきたので、どれだけの変化かはっきりわかります。

ほとんどの人は、食事量を減らせば痩せる、食べすぎると太る、というダイエット常識を信じています。

単に食べる量を減らせば痩せる。

それって本当でしょうか?

食べる量を減らせばいいのだから、カップ麺だけ。

菓子パンだけ。

お菓子だけ。

そういう人もたくさんいます。

たしかに食べる量は少ないし、痩せるかもしれません。

でも、健康面はどうでしょう?

はたして、キレイに痩せるでしょうか?

リバウンドの可能性はどうでしょうか?

Mさんも、たしかに一気に痩せたときは、食事量をおさえていたこともあります。

でもその後で、健康的な食事をしっかり食べる方へシフトしています。

美しく、健康的に痩せていく人は、単に食べる量を減らすわけではありません。

太っていたときとはまるで違う、健康的な食べものを「しっかり」食べています。

食べるだけではありません。

食事が健康的になると体調もよくなるから、積極的に身体を動かしたり、活動できるようになります。

結果的に、代謝が活発になり、消費エネルギーが劇的に増える。

だから痩せるのです。

不健康な食事の人は、痩せていてもどこか元気がありません。

オーラが出ない。だから魅力的はないのです。

そういう人ほど「もっと痩せればキレイになる」と思い込んでいます。

痩せたいのになかなか痩せられない。痩せたのにキレイと思えない。

そんな方はぜひ、健康的な食事をしっかりとることを心がけてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする