ホイップクリームと生クリームの違い

僕はよくカフェに行くのですが、最近お気に入りのカフェがあります。

そのカフェでは、ホイップクリームたっぷりのパンケーキが人気のようです。

僕もパンケーキは好きなのですが、この「ホイップたっぷり」は選びません。

なぜか?

生クリームでなく、ホイップだからです。

ホイップクリームと生クリームの違いがわからない、という方が意外に多いので、今回解説します。

・・・・僕が解説するより、まずはこちらのサイトをご覧いただくのがいちばんでしょう。

クックパッド「純生クリームとホイップクリームの違い」

カフェなどでクリームたっぷりの飲みものや食べものがあれば、「生クリーム」と表示されてないかぎり、ほぼホイップクリームとみていいでしょう。

なぜかというと、ホイップクリームの方が安いからです。

ちなみに僕の行きつけのカフェの定番メニューがウインナコーヒーなのですが、これは生クリームを使っていますので、一杯600円になります。

ホイップクリームは植物性だから身体にいい、と思っている方が多いようですが、まるで逆!

植物性脂肪をクリーム状にするのに、添加物を使いますので、「マーガリン」に近い。

コーヒークリームも同じですね。

常温のまま置いてあるのは、腐らない。添加物たっぷりです。

僕はぜったいに使いません。

こうした食品への基礎知識があるか、ないかで、短期的にはそれほど身体への影響が出ないかもしれませんが、積み重なると影響が出てきます。

良くない脂肪が悪玉コレステロールを上げるという報告もあります。

たまにはホイップもいいと思いますが、できるだけクリームは「ホイップ」でなく「生クリーム」を使ってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする